何を食べれば目が良くなるの?

こういった栄養素が多く含まれる食べ物を紹介します。
【ビタミンAを含む食べ物】
レバー 牛乳 卵 チーズ うなぎ 緑黄色野菜
【ビタミンB1を含む食べ物】
レバー 卵 牡蠣 うなぎ 豚肉 玄米
【ビタミンB6を含む食べ物】
レバー 牛乳 卵 チーズ 大豆 バナナ
【ビタミンB12を含む食べ物】
レバー 牛乳 チーズ 牡蠣 豚肉 牛肉
【DHA】
青魚(イワシ・サンマ・サバなど)

視力の働きを正常にする栄養素

病気をされた時などは、病気に応じて、必要な栄養素を摂られた事はありませんか?
例えば、風邪をひいたらビタミンCをとってみたり・・・
このように、視力の低下を防いだり、視力の働きを正常にすると言われる栄養素があります。
ビタミンA
これが不足すると、暗いところで物が見えない「夜盲」の原因になるといわれています。眼の角膜や網膜を正常に保つ為に機能します。“眼のビタミン”と呼ばれるほど、眼と切っても切れない関係にあります。
ビタミンB1
これが不足すると、眼精疲労の原因になるといわれています。エネルギーをつくり出すビタミンで、眼の筋肉を活性化させる為に機能します。
ビタミンB6
たんぱく質の吸収を促すのに必要な栄養素です。目の調節機能をつかさどる水晶体や毛様体筋(もうようたいきん)の主成分は、たんぱく質でできています。従って、目にとっても重要な栄養分です。
ビタミンB12
赤血球のヘモグロビンの合成を助け、血液を作り出します。目には沢山の毛細血管が集まっています。従って、毛細血管が集まっている目にとって大切な栄養素といえます。
DHA
目の網膜に豊富に含まれる成分で、視覚を行う上での情報伝達をスムーズにする働きがあります。実は網膜には50%ものDHAが存在しています。しかし、DHAは体内ではほとんど作られない為、食物からの摂取が大切です。